保育内容



【保育内容】
少人数担当制

0、1、2歳時期は、子どもが親や祖父母や保育者といった養育者との間で「情緒的な関係」「心理的な絆」を形成する大切な時期です。このような関係は、「アタッチメント」(愛着)と呼ばれ、子どもの精神的な健全性と発達のためには不可欠であるとされています。
当園の0、1、2歳児クラスでは、アタッチメントを何よりも大切にします。それぞれの年齢に応じて、特定の保育士が3〜6名のお子さまを担当し、何にもましてこまやかな対応を心がけます。

コーナー保育
子どもは周りの環境や雰囲気にとても敏感で、自分にとって居心地の良い場所かどうかということを肌で感じ取ります。
その点、保育室は小さな子どもにとってはたんなるだだっ広い心落ち着かない場になりかねません。そこで、少しでも家庭に近い環境づくりを目指し、保育室を遊びの場と生活の場に分けます。さらに、ままごと、ブロック、絵本など、さまざまな遊びのコーナーに区分して、お子様がリラックスして過ごせるようにします。
知育遊び
平成19年度から3,4,5歳児について「SIあそび」を取り入れています。
「SIあそび」は、南カリフォルニア大学名誉教授で、全米心理学会会長も務めたJ.P.ギルフォード博士が発案した「SI理論(知能構造理論)」に基づいた幼児教育プログラムです。このプログラムの目的は、知能(=情報を処理する能力)が急速に発達する幼児期に、意欲と好奇心を引き出しながら、幅広い思考力の基礎を育てることにあります。
「SIあそび」の教材は、一年を一単位とし、年齢別に編成されています。週1回、約40分の設定保育です。
「SIあそび」はプログラムの研修を受けた保育士が担当します。当プログラムは、その性質上、保育士主導の保育ではなく、あくまでも子ども主体の保育です。つまり、お子さん同士を競わせたり、比べたりするプログラムではありません。出来たか出来なかったかも問いません。このプログラムの目的である「幅広い思考力形成」のために、一人ひとりに合ったペースで進めていきます。
なお、「SIあそび」には教材費(毎月800円)がかかりますので、ご希望するお子様のみを対象にしておりますことをご了承下さい。(ご希望されないお子様には、もちろんその時間、別途保育いたします。ご安心下さい。)
体育遊び
3,4,5歳児は、毎週水曜日、隣接する広くて安全な小池学園グランドで、思い切り身体を動かして体育あそびを楽しみます。
食育
当園独自の献立をつくり、楽しく食べられるように工夫しています。おやつも手づくりが基本です。園庭にある菜園で園児自らが育てた野菜を食材として活用しています。このような取り組みを通して、子どもたちが食事の大切さを理解できるように務めています。当園は、完全給食を実施しております。
いつでも保育参観
保護者の皆様のご都合の良いときに、自由にお子様の様子や保育状況を見学をしていただけるようにしています。予約は不要です。いつでもご参観いただけます。
保育室ライブ映像配信
各保育室のLIVE映像をインターネットで配信しております。保育園でのお子様の様子をいつでもご覧いただけます(保護者様のみに、パスワードをお知らせしております)

 

Copyright (C) MinamiKoshigayaHoikuen