保育園からのお知らせ

・・・・8月・・・・

 短かった梅雨が明け、厳しい暑さが続いています。保育園では、熱中症対策を十分に行いながら過ごしていきます。ご家庭におかれましても、食事、睡眠、休息をしっかりと摂り、健康な体作りを心がけましょう。
 今月は水を使った遊びや感触遊びを楽しんだり、年齢に合わせて夏の自然に触れたりする機会を作っていきます。朝から気温・湿度とも高い日が多く、戸外での活動は時間の制約がありますが、「どのようにしたら子ども達が楽しい体験ができるか」という発想で、工夫をしていきます。
 また子ども達がお世話をしている虫や植物は、夏の間に大きな変化を見せます。自分たちが期待していた通りに育つもの、予想だにしなかった姿を見せるもの、それぞれに子ども達の気付きがあることでしょう。その時々の表情や言葉に共感し、思いを共有し、意欲や成長につながるようにしていきます。
 引き続き保育園では感染症対策に努めてまいります。保護者の皆さまにもご協力をいただきますとともに、安全にこの夏を過ごされますことを願っております。


園長 齋藤 信孝

 

 

・・・・7月・・・・

 5月中に梅雨に入った各地とは裏腹に、東京では例年より遅い梅雨入りを迎えました。
 蒸し暑さが続く中、6月28日に「水遊び開き」を行いました。今年度も本格的な水遊びは実施できませんが、「夏を楽しむ」ことをねらいとして、水や氷、泥などに触れる機会を作っていきます。
 先月は、4・5歳児クラスの子ども達が起震車体験をしました。昨年度は中止だったため、起震車を初めて目にする子ども達が多く不安がる様子も見られましたが、子ども達は全員真剣な表情で体験をしていました。今月は引き渡し訓練を実施いたします。お忙しいこととは存じますが、ご参加にご協力をお願いいたします。
 また夏の行事として「縁日ごっこ」、5歳児クラス対象の「夕涼み会」を企画しています。どちらも感染症予防対策を講じながらの実施となりますが、子ども達とどのような会にしたいか考え、主体的に楽しく取り組むことで、自信や達成感につながるような関わりをしていきます。
 事務所前掲示に「事業計画コーナー」を新設いたします。今年度の事業計画の内容について、保育園での取り組みをお知らせしてまいります。ぜひご覧ください。


園長 齋藤 信孝

 

 

・・・・6月・・・・

 近隣の公園では紫陽花がきれいに色づき始めました。
 先月後半は梅雨入りを思わせるようなすっきりしないお天気が続きました。一方、晴れた日は陽射しが強く、夏日となった日もありました。新年度から2ヶ月、子どもも大人も疲れが出始める頃です。体調管理にご注意ください。 
 先月は3~5歳児クラスの子ども達が、野菜や植物を育て始めました。また今月は5歳児クラスが田植えをします。生き物の変化・成長を目にした時の子ども達の表情や言葉に大人たちが共感する場面を多く持ち、気持ちを共有し、次の成長につなげていきます。
 本格的な梅雨入りをする6月は、室内の活動が多くなることが予想されます。しかしながら、雨の合間を縫って戸外に出たり、室内で体を動かす機会を作ったり、雨の音を聴いたり葉から落ちる滴を見るなど、雨の日でなければ経験できない活動を取り入れ、心も体も満たされるような取り組みを通して、五感で季節を感じられるようにします。
 今月は0~2歳児クラスの個人面談を実施します。なお、昨今の情勢を鑑み、Zoomを使用したリモートによる面談も受け付けておりますので、ご希望の方はお申し出ください。


園長 齋藤 信孝

 

・・・・5月・・・・

 陽射しがまぶしい季節となりました。
 子ども達は新しい環境の中で友達や職員と一緒に過ごし、少しずつ保育園が安心できる場であると感じているようです。一方で、ご自宅で過ごす際には、たくさん保護者の方に甘えたりぐずったりすることもあるかと思いますが、大好きな保護者の皆さまに気持ちを温かく受け止めてもらい、元気になることでしょう。
 保育園周辺の木々の緑が色濃くなり始めました。近頃は「すごしやすい時期」が駆け足のように過ぎ、あっという間に汗ばむ陽気になってしまいます。貴重な時期を逃すことなく、園外に出掛けて風の心地よさや虫や草花などの自然に触れたり、思い切り体を動かしたりしていきます。この時期は、急に気温が高くなる日もありますので、水分補給を行い、休息を取ったり活動時間を短縮したりするなどの対策をします。
 今月は、3~5歳児クラスで進級されたお子さまの保護者の皆さまの個人面談を、新型コロナウイルス対策を図りながら実施いたします。お忙しいこととは存じますが、ご家庭におけるお子さまの様子をぜひお聞かせください。


園長 齋藤 信孝

 

・・・・4月・・・・

 ご入園、ご進級おめでとうございます。
令和3年度は22名の新入園児をお迎えし、101名でスタートします。
西ケ原南保育園では令和3年度の事業計画における注力課題として、①身体的機能を高める②コーナー保育の充実、を掲げ取り組んでまいります。また、今年度は第三者評価を受審いたします。第三者評価アンケートへのご協力をお願いいたします。
職員一丸となって現状で何ができるかを日々考え、より良い保育を実現できるようにしてまいりたいと考えております。
今年度も引き続き、お子さまが楽しく保育園に通えるように、また、保護者の方が安心してお子さまを託せる保育園であるように、一人一人のお子さまの気持ちに寄り添い、きめ細やかな温かい保育をしてまいります。今年も無事一年が過ごせますことを願うと共に、子ども達のステキな笑顔がたくさんみられるように、職員一同精いっぱい努力してまいります。
4月は懇談会を予定しております。保育園での取り組みのお知らせや保護者の皆さまの交流の場にしたいと考えております。お忙しいとは存じますが、ご協力のほど宜しくお願いいたします。
保育園では引き続き感染症対策を実施しております。保護者の皆様におかれましても、体調には十分ご留意ください。


園長 齋藤 信孝

 

卒園制作にテーブルを作成してくれました。  

2台を並べると、素敵な虹がかかります。
園庭遊びの際に、使用します。

 

 

 

○卒園式を挙行いたしました。

 3月13日(土)、当園遊戯室にて第8回卒園式を無事に執り行いました。保育証書を受け取る20名の卒園児たちの立派な姿に成長を感じました。当日はお足元の悪い中、保護者の皆様のご臨席に感謝申し上げます。

 

・・・・3月・・・・

 保育園周辺では河津桜が咲き始め、春の気配を感じられるようになりました。
先月は表現発表会に向けた取り組みを通して子ども達の成長を感じることが出来ました。保育園では、当日だけでなく取り組みの過程も大切と考え、本番までの様子を写真や連絡帳などでお伝えさせていただきました。とはいえ、保護者の皆様にとっては当日のお子さまの姿が気になるところかと思います。今月よりDVDの貸し出しを開始いたします。楽しみにお待ちください。
いよいよ今年度も最後の一ヶ月を迎えます。この一年、大人でさえ様々な制約に疲れ気味になる中、子ども達は逞しく成長したと感じます。そして、年長児が保育園を巣立つ時が近づいてきました。保育園生活を通して、友だちと力を合わせて全力で取り組んだという経験を大切にして、自分を信じること、仲間を信じる気持ちをこの先のステージでも持ち続けてほしいと願っています。
0歳児から4歳児クラスは進級に向けて「ひとつ大きくなること」に喜びを感じられるように援助しながら、4月以降の生活に安心して移行できるようにしてまいります。
保護者の皆様には、いつも温かく応援していただき、当園運営にご支援ご協力いただきましたこと、あらためて心より感謝申し上げます。


園長 齋藤 信孝

 

・・・・2月・・・・

 今月は暦の上で春を迎えますが、まだまだ寒い日が続きますので、体調管理にご注意ください。今年は2月2日が節分で、これは124年ぶりだそうです。
気温が低い日には、子ども達は早い時間から園庭に出てタライに張った氷や植え込みにできた霜柱に触れたりしています。「冷たいね。」「キラキラしてるね。」という声とともに、「さっきまで氷があったのに、もうなくなっちゃった。」「こっちには霜柱はできてないね。」などと、自然の変化や不思議さにも気付いていることが伺えます。今の自分達の身の回りの様子を心に留めながら、暖かい季節に向かってどのように変化していくか、子ども達がひとつ進級する頃に尋ねてみたいと思います。
今月は表現発表会を実施いたします。当日直接ご覧いただけないという状況はただただ恨めしい限りですが、そのような状況の中でも逞しく成長してきた子ども達の姿が皆さまの元に届くようにいたします。
緊急事態宣言の解除が予定されておりますが、引き続き、感染予防にご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。


園長 齋藤 信孝

・・・・1月・・・・

 新年あけましておめでとうございます。
皆様にとりまして健やかな一年となりますように心よりお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年度も残り3ケ月です。4月には進級・就学といった新しいステージが子ども達を待っています。新しい環境に期待が持てるような活動・生活を通して、年度末にどのような意欲・習慣・態度を身に付け、どのような姿に育っていると子ども達が春から困らないか、一人一人の育ちをもう一度振り返りながら保育を進めていきます。
今月は、新型コロナウイルス感染症の影響でスケジュールが変更になった個人面談と、0~4歳児クラスの懇談会を実施いたします。保護者の皆さまと子ども達の成長を共有し喜び合える時間にすると同時に、保護者の皆さまの育児不安などを解消する一助になりましたら幸いに存じます。
年度当初はここまで長引くとは予想していなかった混乱ですが、まだまだ終わりは見えません。元の日常が戻ることを願いながら、引き続き警戒を緩めることなく、子ども達の安全を最優先に、保育園運営を進めてまいります。今後も保護者の皆さまにご協力いただくこともあろうかと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


園長 齋藤 信孝

 

 

・・・・12月・・・・

 今年も残すところ1ヶ月となりました。
朝晩の冷え込みはありますが、日中は季節外れの陽気も多く、体調管理が難しい毎日です。皆さま、健康にお過ごしください。
先月は3~5歳児クラスの子ども達が、日々頑張っておられるお父さんお母さんに感謝の気持ちを届けるためにお手紙やプレゼントを渡しました。また、ぶどう組(5歳児)は、日頃お世話になっている地域の方々にも感謝を伝えました。
年末年始は、身の回りが何かと忙しなくなりますが、洋の東西の風習が入り混じる時期で華やかになります。ご家庭で、お子さまの興味に合わせて行事や日本古来の風習などについてお話しする機会を持ってみてはいかがでしょう。
保育園でも、十分な感染症対策を講じてクリスマスやお餅つきといった行事を楽しんだり、身の回りを整えて気持ち良く新しい年が迎えられるようにしていきます。
様々な混乱の中、無事に一年間保育園運営を行えましたことに安堵するとともに、皆さまのご協力に心より感謝申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えください。


園長 齋藤 信孝

 

 

 

・・・・11月・・・・

 気持ちの良い秋晴れが続いています。
先月は、ぶどう組の運動会、芋掘り遠足、運動会ごっこの上映会など、保護者の皆さまにご協力をいただいて行事を執り行うことが出来ました。誠にありがとうございました。上映会の映像は1日1クラスごとに終日放映を実施します。保護者様同士声掛けのうえ、密を避けてご覧いただきますようお願いいたします。
暦の上で冬を迎える今月は、秋の深まりから冬の訪れを感じられるような活動を取り入れます。散歩先で自然に触れたり、採集した物で作品を作ったり遊びに取り入れたりして戸外の様子に興味が持てるようにして、この先の季節の変化にも気付けるようにしていきます。戸外で十分に体を動かして活動できるよう、上着のご用意をお願いいたします。
休止をしていた「保育参観」を今月より再開いたします(保育参加は引き続き休止です)。人数・時間等の制限は設けさせていただきますが、お子さまの保育園での様子を知る機会としてご活用ください。詳細は後日お知らせします。
新型コロナウイルスに加え、インフルエンザにも注意が必要な季節となりました。引き続き、必要な感染症対策を講じ、安心・安全に保育園生活を送れるようにして参ります。


園長 齋藤 信孝

 

・・・・10月・・・・

 秋晴れの心地よい季節となりました。
先月、子ども達の作品を祖父母の皆様にお届けいたしました。昨今の情勢で、直接お会いすることが叶わない方々にお孫さんの成長を喜んでいただく機会となりましたら幸いです。
子ども達と保護者の皆さまが心待ちにしていた運動会は、5歳児クラスのみの参加といたしました。再度の変更にあたり、保護者の皆さまにご理解いただきましたこと、改めて感謝申し上げます。代わりに子ども達が取り組んできたことを発表する機会として「運動会ごっこ」を実施、撮影して後日上映会を行います。大勢のお客様の前では緊張で見ることのできない姿が見られるかもしれません。楽しみにお待ちください。
今月は爽やかな陽気のもと、戸外や園外での活動をたくさん楽しみます。早いもので今年度もすでに折り返しです。残りの半年で子ども達がどのような力を身に付けることが望ましいか、そのためにどのような活動が相応しいか、園全体で考えながら保育園での取り組みを保護者の皆さまにもお伝えしていきます。


園長 齋藤 信孝

 

 

・・・・9月・・・・

 梅雨明けと同時に厳しい暑さが続いた8月でした。待ちに待った水を使った遊びも室内での感触あそびも、連日温度・湿度計、熱中症指数計とにらめっこしながら活動をしました。9月に入っても暑い日が続く予報が出ています。引き続き熱中症対策とともに、ゆったりと過ごして暑さで疲れた体を休める機会を作ります。
先月は、祖父母の方への手紙投函にご協力ありがとうございました。敬老の日に合わせてお子さまの作品を祖父母の皆様にお届けします。今年は日付の並びの関係で、敬老の日と秋分の日が連休になります。祖父母の皆様がお子さまの成長に目を細める頃には過ごしやすい陽気になっていることを願うばかりです。
今月は運動会に向けた活動が本格的になりますので、室内でも戸外でも体をたくさん動かします。1ヶ月後の本番では自信を持って自分たちの力を発揮し、みんなの笑顔が輝く会になるよう取り組みます。また、当日他クラスの演目が見られない子ども達のために、密に注意しながら見合う場面を作ったり、応援フラッグや入退場門を飾ったりして、園全体の行事であることを子ども達が感じられるようにしていきます。


園長 齋藤 信孝

・・・・8月・・・・

 8月に入ると同時に梅雨が明け、ようやく夏の陽射しとの対面が叶いました。待ちかねたようにセミたちが大合唱をはじめ、例年であれば時期を分けて鳴くアブラゼミとミンミンゼミが、短い夏を謳歌するように競い合っています。
遅ればせながら夏本番を迎える今月は、水を使った遊びや感触あそびなどを年齢に合わせて楽しみます。例年と同様に活動することは難しいですが、各クラスで工夫を凝らし、子ども達が「楽しかった。」と思える体験を多くしていきます。
梅雨明けと同時に気温が一気に上昇することが予想されますので、熱中症対策を十分に行いながら園生活を過ごしていきます。ご家庭におかれましても、食事、睡眠、休息をしっかりと摂り、健康な体作りを心がけましょう。
この夏はご予定していた計画を断念せざるを得ない方たちが大勢いらっしゃるかもしれません。残念ではありますが、健康に過ごせていることに感謝しながら、厳しい夏を乗り切っていきましょう。


園長 齋藤 信孝

 

・・・・7月・・・・

 梅雨の蒸し暑さが続いています。
今月から登園自粛要請が解除となりました。しかしながら、感染防止対策と「新しい生活様式」を踏まえた活動を引き続き行います。また、北区より、今年度は水着に着替えた水遊びは中止とする旨の通達がまいりましたので、今夏の水遊びは例年と形を変えて実施します。
やむをえず、計画していた行事の延期や中止が相次いでおりますが、今後も置かれている状況でできることを職員全員で知恵を出し合い、異常ともいえる今回の事態が、子ども達にとっては特別な経験だったと思える期間となるようにして参ります。
今月は「縁日ごっこ」を行います。今年は保護者様にご参加いただくことは叶いませんが、極力「密」を避けながら子ども達が縁日の雰囲気を楽しめるようにして参ります。
後半には梅雨が明け気温も一気に高くなることが予想されます。水分補給や活動時間への配慮など、熱中症対策も行います。
7日は「七夕」です。皆様の願いはなんでしょう。園内に笹を飾りますので、ご家庭での短冊記入のご協力をお願いいたします。


園長 齋藤 信孝

 

・・・・6月・・・・

 4・5月に引き続き、登園自粛のお願い期間を延長して保育園を運営してまいります。
園外に出ていくことがままならない中、気が付けば近隣の公園の自然がすっかり様変わりをしています。先月後半からは気温、湿度とも高い日が見られ、新型コロナウイルス感染症に加え熱中症への対策も行っています。
登園している子ども達は園庭の虫探しに夢中になったり、見つけた生き物を部屋で飼うことを決めて成長を楽しみにしたり、活動が限られた中でも楽しいことを見つけ、友だちと楽しい時間を過ごしています。
今月は、久しぶりに保育園でお友だちに会えた喜びの声に溢れることでしょう。全員が揃うまでにはもうしばらく時間がかかりそうですが、賑やかな日常が戻ってくるのではないかと職員一同楽しみにしています。梅雨入りが近く、室内での活動が多くなることが予想されますが、場所や時間に配慮して、できる限り「密」を避けて過ごしてまいります。
保護者の皆様には、今後も情勢の変化に合わせて様々なご協力をいただくことがあろうかと思います。子ども達が安全に保育園生活を送るために、引き続きよろしくお願いいたします。    

                              

園長 齋藤 信孝

園庭を彩るお花の紹介です。

 

・・・・5月・・・・

 新年度が始まり1ヶ月経ちました。
例年であれば、進級した喜びにあふれた声と新しい環境に戸惑いながらも馴染もうと一生懸命な新入園児の声でにぎやかな4月ですが、今年度は混乱の中で静かなスタートとなり、何気ない日常が続くことの有難さを実感する日々でした。
子ども達の笑顔が戻り仕切り直しとなる今月は、改めて新しい環境に慣れ、友だちとの再会を喜び、安心して楽しく保育園で過ごせるようにしていきます。
保護者の皆様にとりましても、引き続き保育園が安全で安心してお子さまを託せる場所となるように、子どもも職員も手洗い・うがい・手指消毒の励行、室内換気、社会的距離を取る、適宜園内消毒、職員はマスク着用などの感染症対策を継続してまいります。
陽射しがまぶしい季節になり、園庭の木々の変化や虫たちの姿に子ども達は目を輝かせています。戸外で自然に触れたり体をたくさん動かしたりして、これまで心にも体にも溜めこんでいたエネルギーを発散できる機会を設けます。
子ども達のために今できることを着実に実施してまいります。引き続きご理解とご協力をよろしくお願いいたします。                             

園長 齋藤 信孝

 

 

・・・・4月・・・・

 ご入園、ご進級おめでとうございます。
今年度は24名の新入園児をお迎えし、105名でスタートします。
4月は、新しいクラス、新しい友だち、新しい先生、と新しいものばかりです。どんな出会いが待っているか期待に胸を膨らませる反面、不安もあることでしょう。その不安を受け止め、保育園がお子さまにとって居心地の良い場所であり、保護者の皆様が安心してお子さまを託せる場所となるよう努めてまいります。保育園での様々な取り組みが、お子さま達にとって豊かな心を育む貴重な体験になります。今年も無事一年が過ごせますことを願うと共に、子ども達のステキな笑顔がたくさんみられるように、職員一同精いっぱい努力してまいります。
今年度も引き続き、保護者の皆様のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。
今月開催を予定しておりました懇談会と説明会は中止といたしますので、一年間の取り組みにつきましては、各クラス書面にてお知らせさせていただきます。
保育園では園内消毒、職員・来園者の検温とマスク着用等感染症対策を実施しております。保護者の皆様におかれましても、体調には十分ご留意ください。


園長 齋藤 信孝

  ・・・・・書式ダウンロード・・・・・

 家庭状況調査表

 連絡先の優先順位